【宿泊記】伊豆マリオット修善寺スイートルーム宿泊レビュー

2020年3月上旬に1泊2日で伊豆マリオット修善寺に宿泊してきました。

今回は普通の客室ではなく、スイートルーム(エグゼクティブスイート)のレビューとなります!!

気になる客室とラウンジについて紹介していきたいと思います。

伊豆マリオット修善寺について

伊豆マリオット修善寺は静岡県伊豆市にある、静岡唯一のマリオット系のホテルとなります。

伊豆マリオットホテル修善寺

敷地内にはマリオットだけでなく、ホテルラフォーレ修善寺も併設されており、敷地面積はかなり広大です。

山の中なので、当然自然豊かで様々なアクティビティが楽しめる施設となっています。

アクセスは東京から車で高速を使い、約2時間ほどで到着することができました。

電車の場合は伊豆箱根鉄道の修善寺駅から送迎バスで約30分ほどです。

ロビーはゆったりとしていました

ロビーは広く、ゆったりとしたスペースが広がっていました。

小さな売店もあるので、お土産を購入することも可能です。

スイートルーム(エグゼクティブスイート)に宿泊

早速ですが、スイートルームについてお伝えしていきたいと思います!

Marriott Bonvoyプラチナエリートの特典の1つである、部屋のアップグレードで、
このホテル最上級の客室であるエグゼクティブスイートにアップグレードされました。

スイートルームの内容は以下の感じです。

玄関からの様子
メインルーム
ベットルーム
ベランダもスタイリッシュ
洗面台は2人で同時に使用可能
シャワールーム
露天風呂!!
1つ目のトイレ
普通のトイレ2個分以上の広さがあります笑
2つ目のトイレは普通の広さです
部屋からドアまでの様子

簡単に説明しますと、部屋の広さは約100㎡でかなり広くなっています。

設備はベットx2/洗面台x2/トイレx2/テレビx2/露天風呂付きになっています。

ソファーは全部で4つもありました笑

さすがスイートルームということで、まさにいたれりつくせりの内容でした。

部屋からは富士山が見えます

ここまで豪勢な客室はなかなかないのと思うので、感動体験ができます。

ラウンジに潜入

伊豆マリオット修善寺にもラウンジが設置されており、プラチナエリート会員以上であれば自由に利用することができます。

入り口に案内があります

ここのラウンジはマリオットの会員でなくても1人につき1500円(税別)支払えば、利用することが可能です。

お酒やドリンク・軽食を楽しみたいと思う方にはお得に利用できる値段だと思うので、おすすめです。

夕方のラウンジは↓な感じです。

温かい飲み物コーナ
甘いもの天国!
各種ソフトドリンクやビールなど
スパークリングワインや赤・白ワイン

夕方から豪華な内容になっていました。

これなら十分おやつを楽しめますね。

夜のラウンジの様子↓

広さは十分でした
おつまみもたくさん
どれもお酒にあいました!
夜はお酒の種類も増えていました

飲み放題で1500円と考えれば、お得ではないでしょうか。

飲み物と軽食の補充は頻繁にされるので、過不足ありません笑

ディナーと朝食について

ディナーについて、通常はビュッフェスタイルとなっていますが、筆者が訪れた時期はコロナウイルスが流行っていたので、
対策のためにコース料理に変更されていました・・・。

個人的にビュッフェスタイルを楽しみにしていたので、少し残念な気分に笑

コース内容ですが、メイン料理を1品選んでそれに準じた内容になっていました。

アラカルト
スープ
メインディッシュは豚肉のステーキにしました
締めのデザートは種類いっぱいで最高!

食べる前は、ビュッフェほどお腹いっぱいにならないかなあーと思ってましたが案外お腹いっぱいに。

料理もなかなか美味しいものばかりで、満足感も高かったです。

朝食についてですが、こちらは以前と変わらずビュッフェスタイルとなっており、
和風洋風の料理が並んでいました。

ヘビーな朝食に笑

雰囲気的にはマリオットの朝食という感じでした。(伝わらなかったらごめんなさい笑)

まとめ・感想

伊豆マリオット修善寺に宿泊してきましたが、スイートルームにアップグレードされたこともあり、
かなり満足度が高かったです!!

ラウンジの内容も文句なしで、落ち着けたのでお金を払って利用しても損はないと思いました。

部屋に露天風呂も併設されていましたので、ゆっくり過ごすことができました。

スイートルームに泊まることはほぼないので、とても良い経験になりました。

以上となります、この記事が少しでも皆様方のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください